海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

海外旅行の準備 パスポート

米国へ渡航予定パスポート(旅券)の確認を!【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物もの】

米国へ渡航予定パスポート(旅券)の確認を!

海外旅行にでかけるための準備で まず一番大切なパスポート
パスポートの海外旅行の準備はお済みですか?

アメリカへ渡航予定の貴方、海外旅行の準備で忘れてはいけない
パスポートの確認をお願いいたします。


外務省のHPより正確な情報を
お届けしなければならないので、引用させていただきました。

さて、パスポート あなたのパスポートはどんなのですか?

パスポートがIC旅券になっているかなっていないかご存じですか??

さぁ、今すぐ確認してみましょう 眼鏡

でないとビザが必要だったり、最悪 直前に気づくと海外旅行に行けなくなっちゃいますよ!!

米国は、2006年10月26日以降も同国にビザ免除で渡航するためには、
ビザ免除プログラムの対象国(日本を含む27カ国)において
同日以降発行されるパスポートがIC旅券でなければならないことを求めています。


具体的に現在使用されている我が国のパスポートとの関係を整理すると以下のとおりです。

2006年3月20日の申請分から、日本の旅券は原則IC旅券となっていますので、
ビザ免除プログラムが適用され、短期滞在目的であればビザなしで米国へ渡航できます。
(IC旅券は表紙にIC旅券を示す世界共通のマークがあります。)下記の図を参照願います。

(写真)旅券

2006年3月19日までに申請された旅券は機械読み取り式ですが、IC旅券ではありません。
しかし、デジタル写真を搭載していることからビザ免除プログラムが適用され、短期滞在目的であれば、10月26日以降も引き続きビザなしで米国へ渡航できます。
(日本国内で発行された旅券は全てデジタル写真による機械読み取り式旅券です。)
下記の図を参照願います。

(図)旅券

一部の在外公館において、2006年3月19日までに申請された旅券には
機械読み取り式でないパスポートがあります。
これらに対してはビザ免除プログラムは適用されず
短期滞在目的であってもビザが必要ですのでご注意ください。

【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物ものTOPへ】

海外旅行の準備 パスポート

パスポートを取得しましょう!!【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物も】

海外旅行の必需品、パスポートを持っていないあなた!
海外旅行に行くためにも、まずはパスポートを作らなければなりません

日本国でのパスポートの取り方の一例を紹介します、参考にしてみて下さい。
パスポートを取得してみましょう〜


パスポートの申請から受領まで

 (外務省のホームページを参照しています)

パスポート更新必要書類

以下の書類を まず 間違いのないようにそろえます。

1.  一般旅券発給申請書 1通 
     パスポート申請窓口にいって貰いましょう。  
     申請書には2種類あります。
     5年有効なパスポート申請用&10年有効なパスポート申請用
     お好きな方を選びます。
     ただし、20歳未満の方は、5年有効なパスポートしか申請できません。

2. 戸籍謄(抄)本 1通
     申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。

3. 住民票の写し1通
     (住民基本台帳ネットワークシステムで確認可能な方については、原則不要。)
     本籍の記載が必要。
     申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。
 
4. 写真 1葉
    縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なし、無背景(薄い色)の写真。
    申請日前6ヶ月以内に撮影されたもの。
    無帽で正面を向いたもので、頭頂からあごまでが34±2mmであるなど
    申請書に記載されている規格を満たしていることが必要です。
    写真の裏面には申請者の氏名を記入して下さい。
     *ご記入の際は表面にインクがにじまないように、
       また凸凹が出ないようにご注意下さい。

5. 郵便はがき(日本郵政公社が発行する通常はがき) 1枚
    未使用のもの。
    宛先として住民票の記載や住民基本台帳ネットワークに登録されているとおりに
    申請者の住所、氏名を記入して下さい。

6. 申請者本人に間違いないことを確認できる書類

 (有効な書類の原本に限ります)

  運転免許証、船員手帳、宅地建物取引主任者証などなら一点の呈示でOK。
  以下の書類ならAとBの各1点、又はAから2点を提示して下さい。

   A)健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、
     国民年金証書(手帳)、厚生年金証書(手帳)、船員保険年金証書(手帳)、
     恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(登録した印鑑も必要です)等

   B)次の内写真が貼ってあるもの
     学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等

    (印鑑が必要な場合があります)
では、続いてパスポートの申請です。

上に掲げられている書類を全部そろえて、
住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請して下さい。

申請から受領までに、通常1週間程度(土・日・休日を除く)かかります。

未成年者(20歳未満の未婚者)が申請する場合
申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者、又は後見人が必ず署名して下さい。
親権者又は後見人が遠隔地に在住し、申請書に署名ができない場合には、
親権者本人又は後見人の署名のある同意書を提出して下さい。 

最後にパスポートの受領です
 
パスポートを受け取る時には次のものを持って、
本人が必ず交付(申請)窓口においで下さい。


1. 申請の時に渡された受理票(受領証)

2. 手数料 (必要額の収入証紙及び収入印紙を受領証に貼付して下さい)
   
旅券の種類             収入証紙  収入印紙   
10年間有効な旅券(20歳以上)2,000円 14,000円 16,000円
5年間有効な旅券(12歳以上)  2,000円 9,000円  11,000円
5年間有効な旅券(12歳未満)  2,000円 4,000円   6,000円

        ※12歳未満の方の発給手数料は減額されます。
3. 申請の時に提出し、自宅に送られてきたはがき


初めてパスポートを申請するとき等の例です。
パスポートについての詳細なお問い合わせは、国内での申請の場合は各都道府県の申請窓口、国外での申請の場合は各在外公館(大使館又は総領事館)までお願いします。

無事にパスポートは取得できましたか??
パスポートは貴方の世界に通用する身分証明書です
大切に保管しましょう!!

【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物ものTOPへ】

海外旅行の準備 パスポート

パスポート(旅券)とは??【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物も】

パスポート(旅券)とは??

世界各国、どこでも通用する身分証明書

世界各国どこでも、自分が何者なのか?
国籍、氏名、性別、年齢などを証明できる唯一の手段です。

外国では日本語が通用するとは限りませんよね、
言語が違う国でもスムーズに何者であるか証明できるのです。

だから、海外旅行するときは命の次に大切なのです

世界共通、外国人の入国・滞在・出国すべて、このパスポートの呈示と携帯で許可しています。
もちろん、パスポートがなければ日本から出国することすらできません。

更にパスポートは、日本国外務大臣から
「日本国民である本パスポートの所持人を通路故障なく旅行させ、同人に必要な保護扶助を与えられるよう、関係の諸官に要請する。」”保護要請文が記載されていて日本国から貴方を証明してくれ保護してくれる
大切なものなのです。

では パスポートが必要なときとはどんなときでしょう?

空港などでの出入国審査のとき
ビザ(査証)を申請するとき
国際線の飛行機や外国でホテルにチェックインするとき
トラベラーズ・チェックを使用するとき
外国で警察官などから身分証明書の呈示を求められたとき

などが挙げられます。

上質な革、革の色、内側の布の色。旅が楽しくなる。パスポートケース (デザイナーズ・ギルド)  

リュ・シウォン 絵柄付きパスポートケース 2



【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物ものTOPへ】


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。