海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

海外旅行の準備 ビザ(査証)

ビザ(査証)海外旅行の準備 【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物も】

海外旅行ビザ(査証)について

渡航先によってはビザ(査証)が必要な国があります。

ビザ(査証)とは??

査証の主目的は、入国しようとする外国人が入国するにふさわしいかを判断する身元審査である。
犯罪歴があるなど身元審査で不適格と判断されたものには査証が発行されず、入国が拒否されることがある。また査証は、事前段階における入国許可申請証明の一部であり、査証を持っていても入国が拒否されることもある。

査証は在留許可(ないしは滞在許可)と混同されがちだが、査証は、入国申請を行うための要件の一つであり、在留許可ではない。入国のための審査の一段階としての役割を果たすものである。ただし、一般的に査証の項目に滞在目的・滞在資格が併記されていたり、また一部の国では査証と在留許可が同時に与えられたりするため、このような混同を起こすことがあるようである。

査証制度と在留許可制度が並立しているのは、査証は外務省の管轄事項であること、在留許可は入国管理の一環として法務省の管轄事項であることが大きな理由である(ウィキペディア引用)

ビザ(査証)が必要か不要かは海外旅行を申し込んだ旅行代理店に確認するのがよいでしょう。

ビザ(査証)の申請について

ビザ(査証)が必要な場合は 海外旅行の出発前に自分で取得するか
お申し込みの海外旅行代理店に代行してもらう方法があります。
旅行代理店に代行して貰う場合、別途手配手数料がかかる場合があります。

ビザ(査証)で注意しなければならないのは
取得するのに時間がかかる場合があります。
十分に事前に申請するようにしましょう。

くわしくは外務省のホームページを参照してみてくださいね

ビザ発給の用件や申請手続きは各国ごとに異なります。
例えば

 インターネットでしか申請手続きが出来ない国(オーストラリア、ニュージーランド)
 資金証明が必要な国(韓国、フランス、ドイツ、イギリス)

国によって「場所、時期、方法」が違います。当協会や各国の大使館のホームページ、書籍などで調べ、しっかり把握して、余裕をもって準備、行動するように心がけて下さい。

【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物もの目次へ】


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。