海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

海外旅行 免税枠持ち込み禁止品

海外旅行の持ち物 税関で手続きがいるもの 【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物も】

海外旅行持ち物 税関で手続きがいるもの

日本出国時の税関手続き 
 
外国製品を持っていくとき
  外国製品の持出し届に持っていく品物の品名や特徴などを書きます。
 現品と一緒に税関カウンターに提出し、確認を受けます。
 この手続きをしないと、帰国時に外国で購入されたものと区別ができず、
 課税される場合があるので注意しましょう
 
多額の現金などを持っていくとき
 海外に持っていく現金(円、外貨)、小切手、トラベラーズチェックなどの
 合計額が100万円相当額を超える場合は、
 支払手段等の携帯輸出・輸入届出書を税関カウンターに提出 
 

日本帰国時の税関手続き

 帰国時の税関手続きは、「免税」(緑)と「課税」(赤)の検査台に分かれています。
 免税範囲を超えている方、また分からない方は「課税」の検査台に進みます。

 
免税範囲を超えているとき
 免税範囲の確認はココをクリック  
 日本へ持ち込む物の免税範囲を超えているときは、
 「携帯品・別送品申告書」を1通提出します。
 超過分の税金は、税関検査場内の納税窓口で納めます。
 
海外から自分宛てに送った「別送品」があるとき
 海外から自分宛てに送った品物で入国後6か月以内に到着するものがあるときは、
 「携帯品・別送品申告書」を2通提出します。
  この手続きをしておくと、入国時の免税範囲や簡易な税率の適用を受けることができます。
 入国後は別送品の申告はできません。
 別送品の申告をしなかった場合は、
 一般の貿易貨物と同様の輸入手続きをしなければならなくなります。

100万円以上の現金などを持ち込むとき
 「支払手段等の携帯輸出・輸入届出書」を提出します。

【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物もの目次へ】

海外旅行 免税枠持ち込み禁止品

海外旅行の持ち物 免税オーバーの税率 【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物も】

海外旅行持ち物 免税オーバーの税率

免税枠をオーバーした場合の簡易税率
(関税と消費税等とを合わせた税率)


酒類 : ウイスキー・750mlのもの・・・375円(1本につき)
     ブランデー・700mlのもの・・・350円(1本につき)
     ラム、ジン、ウォッカ・750mlのもの・・・300円(1本につき)
     ワイン、発泡酒等、ビール等・750mlのもの・・・150円(1本につき)
     リキュール、焼酎など750mlのもの・・・225円(1本につき)

紙巻タバコ :7.5円(1本につき) 

その他の品物(関税が無税のものを除く) 15% 

※関税のかからない物品は消費税のみ。
  1個(1組)の課税価格が10万円を超えるものは一般の関税、
  消費税(5%)を適用する。
※課税価格=携帯品や別送品については海外市価の6割程度

【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物もの目次へ】

海外旅行 免税枠持ち込み禁止品

海外旅行の持ち物 免税範囲【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物も】

海外旅行持ち物 免税範囲

 外国で買った品物などを日本に持ち込むときには、原則として、関税や消費税を納めなければなりません。
ただし、海外旅行者が持ち帰ったり、別送品で送ったものについては、個人的に使用すると認められるものに限り、一定の範囲内で税金が免除されます。 


 、この免税範囲を超えた場合には、品物の種類などに応じた税率によって税金が課せられることになります。
未成年者の場合は「酒類」と「たばこ」は免税になりません。
6歳未満のお子様は、おもちゃなど明らかにお子様本人の使用と認められるもの以外は免税になりません。

1人あたりの免税範囲

酒類  : 3本・・・1本760cc 程度
タバコ : 紙巻タバコのみの場合・・・200本
      葉巻タバコのみの場合・・・50本
      その他の場合・・・250グラム
       日本製タバコを空港の免税店や外国で購入した場合、
       外国製タバコとは別に左記の量まで免税。
       外国居住者が輸入するタバコについては、
       外国製、日本製それぞれの免税数量が倍になる。
 
香水     2オンス 1オンスは約28cc。
       オーデコロンやトワレは計算に含まれない。

1品目ごとの海外市価
(外国における通常の小売購入価格のこと)の合計額が1万円以下のもの
        全量 1本5000円のネクタイ2本は免税になる。
        また、この場合の1万円は免税枠20万円の
        計算に含める必要はない。
 
その他の品物 20万円
(外国で購入した物品の海外市価の合計額)
      合計額が20万円を超える場合は、
      20万円以内におさまる物品は免税になり、
      その残りの品目に課税される。
      1個で20万円を超える場合は全額について課税される。
      例えば25万円のバッグは25万円の全額について課税される。 
 
【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物もの目次へ】

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。