海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

海外旅行の準備 航空運賃

航空運賃を知ろう 【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物も】

海外旅行で一番きになるのは・・・
やっぱり航空運賃ですよね
出来るだけ安く行きたいのは当たり前ですexclamation×2

海外格安航空券の空席と、海外格安ホテル空室情報がすぐわかる!


出来るだけ、安く海外旅行に行くためにも航空運賃の構成を知っておきましょう〜

航空運賃の構成

航空会社や旅行会社が表示する航空運賃は「往復航空運賃」です。
さらに他に・・・「空港使用税」「航空保険代」「燃油サーチャージ」
が必要になります。
航空運賃は空港使用税、航空保険代、燃油サーチャージ料も考えるのがよいです。
但し、悪質な旅行会社は別途料金を上乗せ請求しますので総額比較をおすすめします。

【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物も】

海外旅行の準備 航空運賃

航空会社別給油チャージ料・燃油サーチャージ額一覧

海外旅行へ出かける際に航空券代とは別に徴収される
燃油サーチャージ(正式名称:燃油特別付加運賃)

原油高に伴う措置でありますが、
その徴収額は、航空会社が独自で決定しています。
同じ路線・方面であっても航空会社によっても異なります

そのため、航空会社別に給油チャージ料・燃油サーチャージ料の
リンク先をご紹介しますね



給油チャージ料燃油サーチャージ額一覧

日本航空(JAL)
全日空(ANA)

ユナイテッド航空
ノースウエスト航空
アメリカン航空
コンチネンタル航空
デルタ航空
エア・カナダ

ブリティッシュ・エアウェイズ
ヴァージンアトランティック航空
エールフランス航空
KLMオランダ航空
アリタリア航空
ルフトハンザ ドイツ航空
オーストリア航空
スイス・インターナショナル・エアラインズ
スカンジナビア航空
ファンランド航空

大韓航空
アシアナ航空
中国国際航空
中国東方航空
中国南方航空
上海航空
キャセイパシフィック航空
チャイナエアライン
エバー航空
タイ国際航空
シンガポール航空

カンタス航空
ジェットスター

【海外旅行へLet's GO!! 海外旅行の準備や持ち物も】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。